注意欠陥・多動性障害

注意欠陥・多動性障害とは

背中がにきび、にきび痕、シミなどで汚く人には見せられない…

 

最近、テレビでも落ち着かない子供が増えていると言います。
授業が始まっているのに、周りの友達とぺちゃくちゃと話したり、授業中に突然に校庭に出て行ってしまう子供もいるそうです。それを「注意欠陥・多動性障害」(AD/HD)と言うそうです。今、関心が高まっている、「注意欠陥・多動性障害」についてまとめて見ました。

 

■注意欠陥・多動性障害とは
注意欠陥・多動性障害とは、Wikipediaでは、『多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害。』と説明されている。英語では「注意欠陥」"Attention Deficit"(AD) また、「多動性障害」を"Hyperactivity Disorder"と言い、これを合わせて"AD/HD"と略されることが多い。一見すると、「自閉症」や「知的障害」の子と間違えられる。

 

■注意欠陥とは
あまり物事に興味が持てなくて、気が散りやすく集中できない状態です。忘れ物が多いのも特徴です。この反面、自分の好きなことは周りにお構いなく徹底してやります。

 

■多動性とは
他の子供たちよりも少し動きが多い状態を「多動性」と言います。通常は、年齢と共に多動性は減少します。また、行動だけでなく「言葉」数が多くなる人もいます。

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る

AD/HDの原因と治療方法

■AD/HDの原因
「注意欠陥・多動性障害」(AD/HD)の原因としては、前頭葉の機能不全や神経伝達物質であるドーパミンやセロトニン等の代謝の問題と扁桃体などの機能不全が原因とされています。

 

「注意欠陥・多動性障害」のほとんどが遺伝や先天的な障害であるため、同じ家系で見られることが多くまた、一卵性双生児では高い確率で発生している。さらに、脳炎や頭部の外傷等の後天的な要因もあるという症例も紹介されています。

 

■治療方法
「注意欠陥・多動性障害」の治療法は、未だ確立されていない。
現在では、衝動的な行動を抑制する薬剤処方による生活改善を図っている。

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る