居眠りと病気

居眠りは病気?

背中がにきび、にきび痕、シミなどで汚く人には見せられない…

 

会社で仕事中に居眠りをしたり、会議中に突然睡魔に襲われて居眠りをしてしまったりしたことはありませんか?また、そのような人が周りにいませんか?

 

仕事中に居眠りをされると、周りからは「怠けている」、「たるんでいる」等のレッテルを張られることが多く、誰も居眠りが病気だと考える人はいない。最初は、やさしく注意を促すが一向に改善されない場合は、直接「仕事中は居眠りはするな!」と言いたくなる。

 

先日、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で中川財務相が居眠りしながら記者会見をしたことは国を代表する国会議員としてはあるまじき行為として糾弾されて辞任したことは誰の記憶にも新しいことだ。中川財務相の場合は、記者会見前にワインを飲んでいたことが分かったので病気によるものではなかったみたいだが、このナルコレプシー(居眠り病)は、中々理解をされることがなく本人も病気であるとの認識が出来ていない。

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る

居眠り病とは、ナルコレプシー

■居眠り病とは
眠気を引き起こす病気「居眠り病」では、「ナルコレプシー(Narcolepsy)」と「睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)」が有名だが、昼間に眠くなる病気には、他にもあるため確実な診断をするためには、一晩中検査する「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)」という精密検査を受ける必要がある。

 

最近、この「居眠り病」に関心が集まっていて、睡眠外来、いびき外来、睡眠時無呼吸外来などの専門外来を設けている病院もある。昼間に寝てしまったり、夜よく眠れない人の健康相談を受け付けているので思い当たる人は外来に行かれると良い。

 

■ナルコレプシー
ナルコレプシーは、睡眠障害の1つで昼間に強い眠気が繰り返して起きるどうしても耐えきれなくなってしまう。人と会話している途中、いきなり眠ってしまうこともある。昼間の眠気は一日に何度もおこり、最低3ヶ月以上続き、突然眠り込む「睡眠発作」を伴うこともある。単なる寝不足の人との見分けがつけにくいので周りに理解されにくい病気である。

 

NPO日本ナルコレプシー協会「なるこ会」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~narukohp/

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

「睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)」が脚光を浴びるようになったのは、2003年2月26日に起きた山陽新幹線での居眠り運転事故からで、運転士が眠ったまま新幹線が走行し、自動列車停止装置(ATC)が作動して岡山駅の停止位置の手前で停車した。幸いにも人身事故や大事故にならなく幸いだった。平成13年の法改正により運転免許の欠格事由のなかに「睡眠障害」も盛り込まれた。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のチェックポイント

 

・睡眠中の「いびき」
・寝汗をかく
・目覚めても疲労感やだるさが残る
・金縛り状態になることがある
・昼間に突然、強烈な眠気に襲われる
・肥満体型
・物事に集中力出来ない
・口や喉が渇きがち
・夜よく眠れない(不眠症)

 

最近、SASの治療に有効装置「フクダ電子製 C-PAP装置」(一定圧の空気を睡眠中に送り込み睡眠障害を防止する方法)が開発されている

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る