エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群

背中がにきび、にきび痕、シミなどで汚く人には見せられない…

 

エコノミークラス症候群とは、飛行機や電車、バスなどに長時間座り続けていると足の静脈に血栓(血管をふさぐ血のかたまり)が出来、足を動かしたり、席を立ったりしてこの血栓が血管を流れて心臓を経由して肺の動脈に達して血管をふさぐ。この結果、呼吸困難となる。
この血行障害により呼吸困難になる症状をエコノミークラス症候群という。英語では、"Economy-Class Syndrome(ECSと略される)"又は、"Deep-vein Thrombosis"(深部静脈血栓症)の通称である。

 

エコノミークラス症候群は、動く乗り物だけでなく日常のデスクワークでも同じ姿勢を続けていると発症することがあり、発症も気づかないで突然死となるケースがあるので注意が必要。

 

また、エコノミークラス症候群は当初、航空機内のエコノミークラスの乗客から報告されたことからこのように呼ばれるが、本症状は必ずしもエコノミークラスの乗客に限って発症するものではないので「エコノミークラス症候群」という呼び名は不適切である。「ロングフライト血栓症」や「旅行者血栓症」と呼ぶ方が適切とされている。

 

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る

危険因子と予防法

エコノミークラス症候群は、気圧の低い場所では血液の流れが遅くなるので、エコノミークラス症候群は発生しやすくなる。

 

他にも危険となる要因があるので列挙する。

 

・長時間の同一姿勢
・気圧が低い、湿度が低い
・水分の摂取不足(1時間に50cc以上が目安)
・アルコール飲料の飲み過ぎ(代謝時に水を使う)
・喫煙

 

また、高脂血症、糖尿病、多血症、外傷、妊婦、経口避妊薬の服用の場合は特に注意を要する。

 

エコノミークラス症候群の予防法としては、足などのマッサージや軽い体操を行って血流を良くし、水分を補給すること。つまり、血液をさらさらな状態に保つようにすること。

 

 

△もっと知りたい気になる病気トップページへ戻る